投資情報サイトの『投資比較サイト』提供アイコン

ブログトップ

守谷将棋   

2017年 11月 01日


☆ようこそ守谷将棋へ!

c0159826_8145376.jpg

 ◇お知らせ!

◇王将会館将棋大会のお知らせ
日時:毎月第一日曜日に開催(12時から受付)
12時30分抽選⇒対局準備 12時45分開始
会場:王将会館 詳しくは、右カテゴリの『王将会館大会』をご参照ください
会費:一般1500円 小・中・高・女性1000円
対局:A・B・Cクラス 5回戦 (平手戦・チェスロック使用)
賞品:各クラス1位~3位、4勝賞、3勝賞 豪華賞品
電話:0297-45-9123(土日の日中のみ)

◇第241回 王将会館将棋大会 (9月4日結果)
Aクラス:1位前川匡史  2位井上敏宏 3位飯塚政二郎
Bクラス:1位直江寛明 2位桜井靖男 3位横山裕司
Cクラス:1位城間盛順 2位国井勝太(小2) 3位鎌田美礼(小2)
参加者25名。おめでとうございました!

◆守谷将棋道場のご案内は、→ここをクリック!
◆守谷将棋の面白写真館は、→ここをクリック!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
人気ブログランキングへ
[PR]

# by moriya_shogi | 2017-11-01 01:01 | ご挨拶 | Trackback

14歳のプロ棋士誕生   

2016年 09月 03日


☆最年少記録62年ぶり.^^

将棋の第59回奨励会三段リーグ戦が3日、東京都渋谷区の将棋会館で最終日を迎え、藤井聡太(そうた)三段(14)がプロ棋士となる四段昇段を決めた。
藤井新四段は14歳2カ月の中学2年で、加藤一二三九段(76)の最年少記録14歳7カ月を62年ぶりに更新した。
中学生で昇段を決めた“中学生棋士”は加藤九段、谷川浩司九段(54)、羽生善治王位(45)、渡辺明竜王(32)に続き史上5人目。
藤井新四段は愛知県瀬戸市在住。
5歳で将棋を覚え、2012年に杉本昌隆七段門下で関西奨励会に入った。
藤井新四段は記者会見で「今日は1局目に敗れダメかと思ったが、昇段できてうれしい」と喜びを語った。10月以降、公式戦に出場。名人戦につながる順位戦は、来年開幕の第76期からC級2組に参加する。



ということで、スゴイことになりました。
中学生棋士は皆名人になっている。
将来が楽しみです!^^
[PR]

# by moriya_shogi | 2016-09-03 20:27 | プロ棋士 | Trackback | Comments(0)

これ、なーんだ   

2016年 08月 16日


☆この写真はなんでしょうか? 当てたらすごい!^^
c0159826_14212926.jpg


その注目の答えは・・
下に書いています。
















アスファルトの水たまりに電柱の影がある映像です。(笑い)
[PR]

# by moriya_shogi | 2016-08-16 14:22 | Trackback | Comments(0)

祝・窪田義行7段へ   

2016年 07月 05日


☆昇段記念将棋大会のお知らせ

8月21日(日)、南守谷将棋会館からプロになった窪田義行さんの7段昇段を祝し、記念将棋大会と記念パーティーが開催されます。窪田さん、昇段、おめでとうございました!
[PR]

# by moriya_shogi | 2016-07-05 17:45 | Trackback | Comments(0)

プルプルとグリグリ   

2016年 06月 28日



このYouTubeは単純に面白いです。^^
[PR]

# by moriya_shogi | 2016-06-28 20:58 | Trackback | Comments(0)

佐藤天彦新名人とは何者か   

2016年 06月 07日



髪型を何とかしてほしいです。(笑い)
[PR]

# by moriya_shogi | 2016-06-07 08:04 | Trackback | Comments(0)

佐藤天彦が名人奪取!   

2016年 05月 31日


☆羽生に4勝1敗で勝利!

第74期名人戦七番勝負の第5局、挑戦者の佐藤天彦(あまひこ)八段(28)が羽生善治名人(45)に100手で勝ち、4勝1敗で初の名人位を獲得した。
実力制名人戦になって13人目の名人で、28歳4カ月での初獲得は(1)谷川浩司九段(十七世名人資格者)=21歳2カ月(2)羽生(十九世名人資格者)=23歳8カ月(3)中原誠十六世名人=24歳9カ月−−に次ぐ4番目の若さ。
A級1期目で挑戦し、名人位を獲得したのは、谷川、羽生に次ぎ3人目になる。
羽生の3連覇・通算10期獲得はならなかった。
佐藤天彦って、もしかして天才!?
ビックリしたな、もう。(^^)
[PR]

# by moriya_shogi | 2016-05-31 19:53 | Trackback | Comments(0)

7冠王の両雄   

2016年 05月 08日

c0159826_2001910.jpg

先日、新聞に囲碁の7冠王と、将棋の元7冠王の記事があった。
囲碁の7冠王は今回なったばかり。
そこでいろいろと対談があったが、元7冠王の羽生さんは、半年後に1つタイトルを失って「ほっとした」と語っていた。
「これで、普通になれる」との気持ちだったという。
それはそうだろう。全部ひとり占め。目標を達成したら「このぐらいにしておこう。そうでないと憎まれるかも」とも思ったろう。
囲碁の7冠王にはまだ目標があるという。
「世界一になりたい」とのこと。
そうか、囲碁は日本だけじゃないんだ。まだ上がある。
だとしたらモチベーションとしては衰えないのかも知れない。
ともかく7冠王はスゴイこと。
2人の天才は恰好いい。^^
[PR]

# by moriya_shogi | 2016-05-08 20:05 | Trackback | Comments(0)

郷田が王将位守る   

2016年 04月 10日

c0159826_752593.gif王将戦7番勝負は、郷田の4勝2敗で防衛となりました。
その結果は、→ここをクリック!
先に、第5局を記事にしましたが、羽生さんが振り飛車穴熊にしていたので「おや?」って思っていたんです。
その記事は、→ここをクリック!
相居飛車を避けるというところに不安があったのですが、案の定、負けてしまいましたね。
郷田さんは居飛車が強いですからね。
郷田さんも衰えないですね。おめでとうございました!^^
[PR]

# by moriya_shogi | 2016-04-10 07:57 | Trackback | Comments(0)

王将戦の相穴熊   

2016年 03月 15日


☆王将戦(郷田vs羽生)の勝負.

この穴熊勝負、郷田王将が勝ち3勝2敗となりました。
c0159826_2064964.jpg

金銀四枚で固めた郷田王将の勝ち。
何でまた、羽生さんは振り飛車にしたのか?
第6局は羽生さんの先手。となると、第7局まで行きますね。
ちなみに香介は穴熊は指しません。
勝っても負けても攻めます!^^
[PR]

# by moriya_shogi | 2016-03-15 20:12 | Trackback | Comments(0)

コンピュータVS囲碁棋士   

2016年 03月 15日


☆パソコンに勝って嬉しい?

日曜日と月曜日の新聞(読売新聞)2枚を以下に添付します。
c0159826_1955346.jpg

c0159826_19554818.jpg上写真は、韓国のトップ囲碁棋士が負けて、コンピュータが5番勝負で3連勝した時の記事です。
下写真は、その翌日、やっと1勝を挙げた別の囲碁棋士の笑顔写真なのですが・・
パソコンに勝つというのは、こんなにも嬉しいものなの?
で、3勝1敗ですけれど、まともに戦うと勝てないから、奇手を放って勝ったようですね。
このパターンは将棋の世界と同じですが、何とも複雑な気分。
そもそも、まともに戦っては勝てないのだからどうしようももない。
もう、囲碁も将棋もパソコンは相手にしない方がいいです。
惨めになるだけだし、勝っても負けても面白くない。
やっぱり、人間同士が戦うから面白いのです。
土俵の上にロボット力士が出てきて暴れられてもですね。
ロボットはいりません!
[PR]

# by moriya_shogi | 2016-03-15 20:03 | Trackback | Comments(0)

コンピュータに囲碁トップ棋士が敗北   

2016年 03月 13日


☆囲碁界に衝撃が走る.(^^:

c0159826_1631349.gif韓国の囲碁プロ棋士のパク・ジウン九段が何とコンピュータに3連敗したのである。
もはや人間はパソコンに勝てないのだろうか?
3戦して3敗なのである。痛すぎる。
5番勝負だが残りの戦いはシラケた。(苦笑)
「機械がどんどん人間に取って代わっていくこの世の中で、囲碁だけは機械が人間を倒せない分野だと思っていた。
囲碁の没落は、人間の没落であり、囲碁が好きかどうかは別としても悲しい日になった」と、こんな声が上がっているという。
囲碁界の周辺では、「今や人間の囲碁棋士もコンピューターの囲碁棋士に座を奪われ、消えていくのではないか」という言葉まで出ている。
西洋ではチェスで、1997年に人間がIBMのスーパーコンピューター「ディープ・ブルー」に負けて人気が衰えたと言われる。
神秘の壁が崩落する・・何とも面白くない時代だ。
将棋はチャンピオンクラスは、もはやコンピュータと対戦しない方がいい。
もう、パソコンとの戦いに勝ち目はない。



嫌な時代になりましたね。電子機器類に人間が負ける。
もう、金輪際、コンピュータとはやらないことです!
将棋はまだ、ぎりぎり負けていないのです。
その記事は、→ここをクリック!
[PR]

# by moriya_shogi | 2016-03-13 15:49 | Trackback | Comments(0)

棋士・村山聖(むらやまさとし)の映画   

2016年 02月 16日


☆将棋フアン必見の映画.^^

読売新聞2月16日、故・村山9段が書かれていました。

村山聖の映画 ができるという。
「聖の青春」(講談社)が原作になるという。
松山ケンイチさんが村山役を演じるという。

「5歳で肝臓の難病ネフローゼ。
本当なら20歳まで生きられない体だった。
27歳で膀胱がん。1998年、A級に在籍したまま29歳で他界した。
村山-羽生の公式戦は村山の6勝7敗。
天才の呼び名は誇張ではない」

村山は臨終の時、遠のく意識の中で将棋を指していた。
臨終の言葉は「2七銀」だったという。
私は現役時代の村山9段を知っている。
だからとても見たい映画だ。

棋士・舛田幸三 も他紙に語られていた。
幼少期の体験のシーンが次のように記されていた。(趣意)

「力自慢の父親がまき割をしていた。
そこに年配のおじいさんが来て2人でまき割をしていた。
おじいさんの動きはゆっくりなのに、父親よりも多くまきを割る。
よく見ると父親は、割りにくい節(ふし)を避け、ペースを乱していた。
おじいさんは節を避けないで斧を打ちおろしていた」

記者は語る。「苦手分野を恐れず、弱気や不安という心の節を真正面から打ち破る。それが、勝利を引き寄せる秘訣ではないか」

なるほど、その通りだ。勝負は逃げていては勝てない。
逃げると負け方もヒドクなるだけだ。
勝とうと負けようといい。
真っ向勝負が将棋は一番だ。^^
[PR]

# by moriya_shogi | 2016-02-16 21:31 | プロ棋士 | Trackback | Comments(0)

将棋電王戦でプロ棋士が初制覇   

2015年 04月 18日


☆棋士側が3勝2敗で勝利!^^

c0159826_128141.jpg

やりました!
血も涙もないパソコンソフト棋士に、人間が勝ちました!
プロ棋士とコンピュータソフトの5番勝負。
最終局で、阿久津8段はAWAKEをわずか21手で撃破したとのこと。
(でも、あらかじめ知られていたプログラムミスを突いた作戦)
ともあれ、2連敗していたプロ棋士たちが、ついに勝ったのです。
何だかスッキリ、嬉しいニュースでした。(^^)

ブログトップへ
[PR]

# by moriya_shogi | 2015-04-18 12:16 | Trackback | Comments(0)

プロ棋士5連敗   

2014年 04月 02日


◇コンピュータに勝てないプロ棋士

c0159826_6244339.jpg

コンピュータとプロ棋士の戦いが続いている。
新規の5番勝負、最初から2連敗であった。
その記事が、これ。うなだれる騎士を見るのは空しい。
この後、プロが1勝を返したが、そもそもトータルで5連敗だったし、もはやプロが勝てない領域にまでコンピュータは力を付けてしまったのだ。さすがにタイトルホルダークラスではないものの、いつか名人が負ける日がくるだろう。
そのとき、プロの騎士たちの時代は終わるのかも知れない。
でも、その時は、コンピュータがタイトルホルダーになるのだろうか?
それはそれで、仕方ない。
とにかく、人間、頑張れと言いたい。

追伸:結局、将棋のプロ棋士とコンピューターソフトによる5対5の団体戦「第3回電王戦」は、最後、屋敷伸之九段(42)が130手で「ponanza(ポナンザ)」に敗れた。団体戦は棋士側の1勝4敗という完敗で幕を閉じた。
ついに人間がコンピューターに惨敗。
次のターゲットはA級棋士か‥恐るべし。

ブログトップへ
[PR]

# by moriya_shogi | 2014-04-02 06:32 | プロ棋士 | Trackback | Comments(0)

守谷将棋センターの小学生が日本一に!!   

2013年 07月 31日

◇ぞーろくさんからのご報告です!!

c0159826_19584089.gif最近の南守谷将棋センターの子供たちの成果を報告します。
何と言っても最大のトピックは、日本一の子が出ました!!
小学生倉敷王将戦低学年の部で正道直君が優勝、窪田6段が小学生名人に輝いて以来の日本一の称号を獲得しました。

開催日:7月27日 開催場所:岡山県倉敷市

*戦績の敬称略

予選リーグE(8名のうち3連勝した1名のみが予選リーグ突破となる)
第1戦  ○正道 直(茨城) - ●篠崎 碧(宮崎)
第2戦  ○正道 直(茨城) - ●土山翔大(和歌山)
第3戦  ○正道 直(茨城) - ●藤本 渚(香川)
3連勝で予選リーグ突破

決勝トーナメント(各グループ突破の8名による)
準決勝  ○正道 直(茨城) - ●増澤理久斗(長野)
決 勝  ○正道 直(茨城) - ●宮脇 蒼空(福岡)

最近は、南守谷将棋センターだけの枠を超え、柏将棋センター、さいたまドラの穴教室まで定期的に遠征して力を磨いた正道君。
おめでとうございました!!!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
人気ブログランキングへ
[PR]

# by moriya_shogi | 2013-07-31 19:59 | Trackback | Comments(2)

森内さんと羽生さんの喧嘩   

2013年 06月 08日

                    ◇これはかなり笑えました。^^
c0159826_23564046.jpg

週刊将棋の4コマ漫画です。
名人戦の新聞にありました。
大名人をこんなふうに描いて許されるのでしょうか?(^^:
その同じ新聞記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
人気ブログランキングへ
[PR]

# by moriya_shogi | 2013-06-08 23:59 | Trackback | Comments(0)

日本将棋連盟の新会長になった谷川浩司   

2012年 12月 26日

                  ◇米長邦雄前会長の急逝を受けて。
c0159826_1933547.jpg

米長さんが69歳で逝去された。
素晴らしい棋士だったし、大好きな人だったので残念だ。
人はいつまでも生きてはいられないが、寂しい。
その後任者として、谷川さんが会長に就任された。
1年半ほど前に、米長前会長から、「2年後か、4年後には君にバトンを渡すから」と言われていたという。谷川さんは、「米長先生が種をまかれ、芽を出したものを大きく育てたい」と先輩に敬意を払う。
谷川さんは14歳でプロになり、21歳で史上最年少で名人になった。
第17世名人の資格も持つ。
生まれ育った神戸を離れないできた。
最大の理由は、阪神大震災である。
新会長、谷川浩司さん、頑張れ!!^^

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
人気ブログランキングへ
[PR]

# by moriya_shogi | 2012-12-26 20:38 | プロ棋士 | Trackback | Comments(0)

将棋会館   

2012年 10月 08日

                 ◇千駄ヶ谷の将棋会館の玄関です。
c0159826_20235914.jpg

将来、守谷将棋道場から新たなプロが生まれるかも。
守谷道場の小学生たち。
頑張れ~!!(^^)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
人気ブログランキングへ
[PR]

# by moriya_shogi | 2012-10-08 20:25 | Trackback | Comments(0)

イノブタの木   

2012年 08月 16日

                    ◇時には記事を入れないと‥。
c0159826_1834422.jpg

長くまともな記事を入れず‥。
これでは「いかん!」ということでイノブタ記事です。(^^)
人の顔や動物の顔など、木に表情を感じることがある。
それにしてもオモシロイ顔でしょう?

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
人気ブログランキングへ
[PR]

# by moriya_shogi | 2012-08-16 18:06 | 写真館 | Trackback | Comments(0)